日用品・DIY・工具・住宅資材

西村ジョイ プロ商人として お客様のため
45周年

プロ商人として お客様のために

西村ジョイ

お知らせ(新商品・コーナー)

創業45周年DIYコンテスト結果発表

投稿日:

たくさんの作品をご応募いただきありがとうございました。
厳正なる審査を行い各賞を決定させていただきましたのでここに発表させていただきます。

お客様へのおねがい
審査については、当社DIYアドバイザーによる投票結果です。審査結果についてのお問い合わせについてはお答えしかねます。
また、一部のお客様からのエントリー部門について、内容等を吟味し変更させていただいております。
ご了承くださいませ。

※画像をクリックすると拡大表示します。

 

【ガーデン部門】

 

『ガーデンデッキの屋外シンク』

 

○アピールポイント

 

妻の要望で、屋外にシンクをつくることに・・・
木材とシンク本体、塗料を志度店で揃えて、ゴールデンウィークは新型コロナの影響でどこへも行けず、DIYに専念しました。
前からあったウッドデッキの手すりを利用して、木材をカットとしキシラデコールを塗って組んでいきました。給水と排水は地中を掘って配管を見つけ出し、チーズで分岐して近くまで持ってきました。これに費やした時間が一番辛かったです。
シンクと配管をつなぐ知識がなかったので、志度店の店員さんに部品を選んでもらい接続に成功!。完成祝いにガーデンバーベキューをしました。コロナがなかったら今でも未完成かも・・・

 

☆評価ポイント

 

ウッドデッキとの一体感が素晴らしく、後から追加して設置したことが想像できないレベルに仕上がっています。
奥様の要望に応えたいというご主人のDIYスピリットを感じる作品です。DIYの中でも、水回りと電気配線関係については、
知識を必要とする分野です。妥協を許さずに取り組んだ姿勢を高く評価しました。

 

 

【ペットと暮らす生活アイディア部門】

 

『猫も人も喜ぶキャットウォーク』

 

○アピールポイント

 

室内飼いの猫たちが家の中で走り回れるようDIYで自宅をリフォームしました。

ビフォーの写真にも写っている食器棚の上に見える「丸い穴」は壁の向こうの階段につながっています。壁の中には塩ビパイプを入れてトンネルのようにしているため我が家では「猫トンネル」と呼んでおり、これもDIYで作りました。そして、この「猫トンネル」から食器棚の上にいる猫たちがより自由に走り回れるように食器棚とそれに続くキャットウォークを作りました。食器棚のガラス扉の部分は昔のものを再利用し、その他の材料は西村ジョイで揃えました。
猫たちが使いやすいサイズを考えるほか、キャットウォークの柱に肉球の穴を空けるなどデザイン性も工夫しました。DIYは時間がかかりますが、勉強をしながら少しずづ完成したキャットウォークを猫たちが使っているのを見ると、作って良かった!と満足感を得ることができます。これからも人も猫も喜ぶ家づくりをこれからも続けていきたいと思います。

 

☆評価ポイント

 

猫オーナーのためのモデルルームを見ているみたいですね。まず最初に壁に穴をあける発想と勇気におどろかされました。
天井から吊り下げのキャトウォークを作ろうとすると、天井裏の構造を理解する必要があり、勉強されたことと思います。
このレベルに仕上げるには完成をイメージした計画性が欠かせません。DIYでここまでできることを実証していただいたことに感謝します。

 

 

【造作部門】

 

『ステイホーム用のボルダリングウォール作成』

 

○アピールポイント

 

 趣味でボルダリングジムに通っており、毎日練習する為に自宅の納屋の壁にDIYでボルダリングウォールを作りました。
 ジョイ観音寺店のスタッフの方に相談して15mm厚のコンパネなら強度も十分との事で、15mm厚コンパネと2*4材を購入して友達数人と協力して作りました。
 出来上がりは上々で、実際に登った際も強度も十分でした。安心してお家時間を楽しめそうです、ありがとうございました。

 

☆評価ポイント

 

作成するにあたり、安全に利用できることを優先されたと思います。下地の強化や、コンパネの合わせ面の補強など簡単なように見えて手間がかかったと思います。クライミングホールドの処理や、色分けしたボードなどボルダリングの知識を生かした作品に仕上がっていますね。お家時間を楽しむ「今だからこそDIY宣言」このテーマにピッタリの作品だと思います。

 

 

【リフォーム・リノベーション部門】

 

『キッズル‐ム』

 

○アピールポイント

 

娘の美容室の店舗の一角にキッズル‐ムの造作を頼まれていたので、丁度良い機会と思いコンテストに応募することにした、図面は出来ていたので、早速、JOYで資材を購入して作業に取りかかかった、基礎部分、根太、床下地、柱枠組み、窓枠も出来て骨組み完成、ちなみに2×4工法を選択、次は外壁下地コンパネと進めて、後は、杉羽目板仕上げ、4箇所の窓は全て手作りで、アクリル板を入れて3日程かかった、外壁は、キシラデコ‐ルで塗装した、DIYの経験を生かし、本格的な造作は初めてだったが、 元の店舗と一体化して思った以上に、おしゃれに仕上がって皆も満足、次は内装、気合いを入れ直して作業に入った、キッズル‐ムをイメージして試行錯誤しながら進めた、枠組みの基礎部分を生かしながらクロスを張るところと、本棚や玩具を置くところをイメージして試行錯誤しながら進めた、クロス張りのところは石膏ボ‐ドを張り、パテ仕上げもした、本棚や玩具を置くところは木目を生かし懐のある棚を沢山作った、初めての事で、一番苦労したのは天上のクロス張りで、 ネットを見ながら汗だくで何とか張ることができた、壁紙は天上に比べると意外と張り安かった、床は、SKフロアー材を張り、上り口は左右上側に巾木を張っておしゃれなキッズル‐ム完成、思った以上に完成度が高いと笑みがこぼれた、最後の作業は店内からキッズル‐ムに入る壁面のクロス張りで、すでに石膏ボ‐ドは張ってあるので、ブラウンのクロスを張れば完成、意外と張り安かった、上り口、下のレンガのクロスも張って、やっと全て完成 、初めての造作にしては満足、皆からお褒めの言葉を頂きました。クロスと窓開閉調節器具意外は全てJOYで、購入総額約20万円成り。

 

☆評価ポイント

 

建物の外壁に手を加えるには、構造を理解し、安全に施工する知識が必要です。コメントにもあるように、きちんとした図面を作成し、取り組んだ結果が素晴らしい完成につながったと思います。経験を重ねて身についた自信と、新しいことにチャレンジするワクワクを繰り返して行えるDIYの楽しさを改めて感じさせられる投稿でした。

 

4月の一次募集から約半年間にわたる期間の中で98件に及ぶ多くの作品を応募していただきありがとうございます。

皆様のDIYスピリッツあふれる素晴らしい作品の多さに驚かされるばかりでした。
創業45周年の節目の年に、西村ジョイの商品がこれほど多くのお客様の素晴らしい作品のお手伝いができたことを思うとうれしく感じます。

これからも皆様のお役に立てるように様々な取り組みを行ってまいりますので
どうぞご利用いただきますようお願いします。

Copyright ©2018 NISHIMURA JOY. All rights reserverd.

Deカードお問い合わせ
採用情報プライバシーポリシーご利用規約

Copyright ©2018 NISHIMURA JOY. All rights reserverd.

Copyright© 西村ジョイ , 2020 All Rights Reserved.